肌の質が変わる

動物性の油脂から始まりました

メイク

朝の洗顔は、目覚めて最初に行う動作でもあります。『身支度を整える』という言葉の通り、まずは身なりを整えるには洗顔から始まります。洗顔する時には、洗顔石鹸を使用して、水やぬるま湯で洗い流すのは、多くの人にとっての共通作業でもあります。石鹸の始まりは、古代ローマ時代から始まっていると言われています。その儀式として、動物を捧げた際に滴り落ちた油の固まりからできたとされています。石鹸の生産が始まったのは、8世紀頃と言われていて、使用される成分には試作も多く行われていました。現在の成分に近くなっていったのは、19世紀に入ってからの事になります。日本にも、19世紀には石鹸製造業者が出現しており、現在にその製法は受け継がれています。最近では、からだを洗う石鹸と、洗顔石鹸を使い分けている人も多く見られます。

肌の弱酸性に注目している

洗顔石鹸の場合には、特に顔を中心に使用されるものですので、成分配合などに違いをもたせている商品が多くなっています。より肌の状態、働きを良くするためには、洗顔が重要になります。使用される洗顔石鹸の役割が、大きくなってきているのも特徴となっています。 洗顔の目的としては、汚れを落とす事にもありますが、必要な油分までを取り除かない事も重要なポイントとされています。肌が弱酸性である事に対して、アルカリ性成分の洗顔石鹸なども多くなっています。アルカリ性成分が顔に取り入れられた事で、肌が弱酸性に戻そうとする働きを活性化する事になります。洗顔石鹸は、余分な汚れを落とし、適度な潤いも残せる様な成分が配合されている商品が多くなっています。